遊び・生活
2017-03-20
EDMがつまらないという方へ
EDMの楽しみ方


EDMは似たような曲ばかりでつまらないという意見をよく耳にします。

管理人も最初は同じ意見を持っていました。
たしかに似たような曲ばかりで、歌詞もない曲が多いし、曲調もただうるさいだけ、とネガティブな意見を持っていました。

しかし今現在ではEDMは「楽しい」という考え方に変っています。

そこで今回はEDMがつまらない、という方に向け「EDMの楽しみ方」を紹介します。


EDMは「踊って楽しむ」音楽である

EDMの目的は「歌ってもらうこと」や「感動させること」ではありません。

EDMの目的は

「踊らせること」

につきます。

聴く人が踊りやすいように分かりやすい曲構成や四つ打ちのリズム(ドン、ドン、ドン、ドンというバスドラム)、キャッチーなメロディーで作曲されているのです。
(それが聞く人によっては「似たような曲ばかり」と感じる1つの理由です。)

「踊らせるため」の曲を、家で一人で静かに聞いていて楽しいはずがありません。

EDMは「踊る」ことで初めて楽しめるのです。

EDMを聴いていると足や体がついついリズムをとってしまうことがよくあります。
EDMのリズムや曲構成、メロディーは自然と踊りたくなる、踊るためには最適な音楽なのです。


クラブに行って踊ってみよう!



そんなこと言われても、家で一人で踊ってもバカみたいだ、家族に見られたら恥ずかしい、という方。

そのために「クラブ」という場所があるのです。

是非クラブに行って、EDMに合わせて踊ってみてください。
踊るといっても振付を踊る必要はなく、ただリズムに合わせてノるだけでOKです。

そのうちに、自然と楽しくなってくるはずです。
さらにクラブでちょっとアルコールが入った状態で、自分のお気に入りの曲が流れたらテンションは最高潮になるはずです。

これがEDMの楽しみ方です。


EDMといっても色んな曲があります。
バウンス系と呼ばれるいかにもな曲から、初心者でもとっつきやすいPOPS寄りの曲まで様々です。

海外のアーティストはyoutubeで積極的に曲を公開していますので、いろんな曲を聴いて是非お気に入りを見つけてみてください。
そしてクラブに行って踊ってみてください。

そのうちEDMにハマってしまうと思います。

最後に、初心者にオススメの1曲を紹介します。
Aviciiの「Waiting for love」です。



それでは。


<関連記事>
初心者向け クラブの入り方
   
クラブに行くときの服装(男性)について
   
初心者向け人気・定番クラブミュージック vol.1
   






<あなたにオススメの記事>

お酒で絶対に気持ち悪くならない方法
   
クラブナンパにおいて地蔵しないための3つのポイント
   
ナンパ初心者にクラブナンパをおすすめする2つの理由
   
J-POP好きにおすすめのとっつきやすいEDM5選
   
『さとり世代』の若者へ 性欲を原動力に成長せよ!
   


その他クラブコラム 記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Wrinps」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー