20代から考えるアンチエイジング(老化防止)
アンチエイジングコラム
アンチエイジング
2017-09-23
健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法 <後編>


こんにちは、管理人Wです。

前編・後編の2回にわたって、「健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法」をご紹介しております。

前編では、以下の記事で「絶対にやせるたった1つの方法」をご説明しました。

健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法 前編

今回は前回の続きとして、 「健康的に」やせることに注目して説明していきたいと思います。


エネルギー消費の仕組みを知るべし

健康的にやせるためには、私たち人間が、どのようにして体内でエネルギーを発生(消費)しているか、その仕組みを知ることが必須となります。

以下に、簡単に私たちの体がエネルギーを発生(消費)する仕組みを説明していきます。


私たちが体内でエネルギーを生み出す主な方法は

「TCAサイクル ⇒ 電子伝達系」

というプロセスです。

このプロセスは細胞のミトコンドリア内で行われ、原料は主に炭水化物から分解されるブドウ糖、または脂肪から分解される脂肪酸です。
これらの原料を、このプロセスにおいて体内で必要な物質に合成していく過程でエネルギーが生み出されます。





このプロセスを動かすためには「酸素」が必須で、逆にこのプロセスの最後に「水と二酸化炭素」が排出されるのです。
(これがいわゆる有酸素運動でエネルギーを発生・消費するプロセスです。)


TCAサイクル⇒電子伝達系のポイント

TCAサイクル⇒電子伝達系を正しく理解する上で、重要なポイントが2点あります。


1つ目のポイントは2つの原料

①ブドウ糖
②脂肪酸

ご飯やパンなど炭水化物から分解されたブドウ糖はあらかじめ血中にスタンバイしており、素早くTCAサイクルの原料となることができます。
また、このプロセス外(解糖系)で、酸素なしでエネルギーを生み出せる唯一の物質です。
(これがいわゆる無酸素運動で使われるエネルギーです。)

一方、脂肪酸は脂肪を分解して作られるため、供給にある程度の時間を要します。
また、脂肪酸をエネルギーに変えるには十分な酸素がなければなりません。



有酸素運動の代表ジョギングを例に説明します。

最初は酸素供給が追いついていないので、ブドウ糖が原料となります。
ある程度時間がたって酸素供給が十分追いついてくると、脂肪酸を消費する割合が高まってきます。

運動開始後、20分ほどで脂肪が燃焼するといわれるのはこのためです。

皆さんもジョギングをしていて最初は息が切れているけど、ある程度時間がたってくると逆に呼吸が落ち着いてくる経験があるはずです。


また、酸素なしでエネルギーが生み出せるブドウ糖は貴重なので、高負荷の運動にとっておかねばなりません。
よって酸素供給が追いつきやすい、強度の低い運動ほど脂肪酸が使われる割合が高まります。

具体的には、最も緩い運動である日常生活や基礎代謝が、脂肪酸消費の割合が最も高くなります。



ただし、ブドウ糖はTCAサイクルを動かすために必須なので、ブドウ糖の割合が0になることはありません。

つまりブドウ糖は体内でエネルギーを生み出すのに必須の物質だということです。
これは非常に重要なポイントなので覚えておいて下さい。


2つ目のポイントはブドウ糖が不足したとき

炭水化物や糖分の摂取が減るなどで、体内のブドウ糖が不足したとします。

前述の通りブドウ糖はエネルギーを生み出すのに必須なので、 体は脂肪やタンパク質からブドウ糖を作り出す機能を発動します。
(これを糖新生と呼びます。)




この仕組みによって、しばらくは食事をしなくても体内に蓄積された脂肪やタンパク質(筋肉)から ブドウ糖を生み出すことができるので、活動が停止してしまうことはないのです。


炭水化物抜きダイエットの是非



先ほどの2つのポイントを踏まえて「炭水化物抜きダイエット」について考えてみましょう。

炭水化物を抜くことで、体内のブドウ糖が不足します。

それにより糖新生が起こり、脂肪やタンパク質が減少します。

よって、炭水化物抜きダイエットで体重が落ちる、というのは理論的には正しいと言えます。

しかし注意しなければいけないのは

タンパク質も減少する

というところです。


タンパク質は筋肉や骨のみならず、皮膚や髪の毛など人間のあらゆる部分の重要な原料です。

それらが減少してしまっては、「健康的にやせる」ということは難しくなります。

筋肉がなくガリガリでヒョロヒョロ
肌もつやがなくガサガサ
髪の毛もやせ細っている

例えダイエットに成功したとしても、これでは何の意味もありません。


ここまで来れば「健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法」が見えてきたのではないでしょうか。


健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法




こうした考察から、健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法は、

「必要な食事を摂取した上で、運動量(特に有酸素運動)を増やす」

ということになります。

太っている方は基本的に炭水化物を摂取しすぎています。
まずは、量を減らすことから始めましょう。

ただしいきなり0にせず、必要な分はしっかり食べてください。
もちろんタンパク質や野菜も食べましょう。

そしてそのご飯を原料に、有酸素運動で脂肪を燃やすのです。

しばらく続けていても脂肪が落ちないな、という場合はさらにご飯の量を減らすか、 間食を減らすなどの調整を少しずつ行ってください。


それに加えて筋トレを行うことが大切です。

筋肉は、多ければ多いほど、何もしないときの消費エネルギー(基礎代謝)が増えます。

基礎代謝で消費されるエネルギーの原料は脂肪酸の割合が高いので、ダイエットに効果的です。

また、筋トレでハリのある、若々しい体を手に入れることもできます。




脂肪を減らし、筋肉が増えることで実際の体重はあまり減っていなくても、 見た目的には健康的に、締まった体になっているはずです。


裏ワザ的な方法を期待して読んでいただいた方には申し訳ありません。
ただ、急がば回れ、という言葉の通り、 健康的かつ絶対にやせる方法は正攻法しかない、ということを知っていただければ幸いです。


<関連記事>
アンチエイジングの8要素
   
老化防止のカギは「テストステロン」にあり!
   
アンチエイジングと若作りの違いと、アンチエイジングの目的
   





<あなたにオススメの記事>

老化防止のカギは「テストステロン」にあり!
   
テストステロン育毛法 理論編
   
健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法<前編>
   
20代のうちからアンチエイジングについて考えるべき理由
   
オタクにハゲが多い(気がする)理由
   



「その他アンチエイジングコラム」一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Wrinps」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー