20代から考えるアンチエイジング(老化防止)
アンチエイジングコラム
アンチエイジング
2017-08-31
アンチエイジングの8要素⑧
禁欲


こんにちは、管理人Wです。

以下の記事で、アンチエイジングに必要なアクションとして「アンチエイジングの8要素」を定義しました。

アンチエイジングの8要素


今回は8要素のその⑧「禁欲」について説明していきたいと思います。


やめたいけどやめられないもの

アルコール、タバコ、お菓子、ジャンクフード。

やめたいけどやめられないもの、というのは皆さんも1つや2つあると思います。

これらは少量であればストレスや欲求不満の解消といった面でメリットがあると思います。
完全に絶ってしまうことが必ずしも正しいとは言い切れません。

しかし、過剰になると必ず体に悪い影響をもたらします。
運動にしてもそうですが、何事も適正がベストです。

以下に、いくつか例を挙げて禁欲のアンチエイジングへの重要性を説明していきたいと思います。


お菓子やジャンクフード



やめたいけどやめられないもの代表がこれ。
お菓子やジャンクフードです。

これらがやめられない理由は単純に「おいしいから」です。
各メーカーが必死に人間がおいしいと感じる味を研究し、その味になるよう様々な添加物を使っています。

化学的に研究された味付けゆえに「おいしい」と感じますが、その分体に悪いのです。

添加物は肝臓で解毒されますが、過剰になると解毒しきれず肝臓の機能が低下します。
それにより肝臓の役割である代謝(栄養素を体内で使える形に変換・供給する機能)が低下したり、アルコールが分解できなくなったりします。

また、添加物の分解において、アンチエイジングに重要なミネラルである「亜鉛」を大量に消費したり、吸収を阻害してしまいます。

他にも、ジャンクフードで栄養が糖質や脂質に偏ってしまったり、 糖分の取りすぎによる「糖化」の進行といった問題も考えらえます。


アルコール



アルコールは、その成分に依存性があるためやめられないものの代表です。

ただし、アルコールについては、適量であれば心身に大きなメリットがあります。

イギリスのマーモットという学者の研究では、お酒を全く飲まないよりも、適度に飲むほうが死亡率が低くなることがわかっています。
これは、アルコールが血液中の善玉コレステロールを増やし、高血圧や脳卒中などの原因となる動脈硬化を防ぐ効果があるためです。

また、お酒を飲むことで気分が高揚し、仲間との会話も弾みます。
これは大きなストレス解消になるでしょう。

しかし、飲みすぎると肝臓で分解しきれなくなり、これも肝臓の機能を低下させることにつながります。


タバコ



タバコも、気分を落ち着かせるなどのメリットはありますが、 アンチエイジングという点では害のほうが大きいのは間違いありません。

タバコのニコチンは血管を収縮します。

血管が収縮することで全身に血液が行き渡らない、 つまり酸素や栄養素が届かず、老廃物を排出できないので、新陳代謝が行われず、肌・髪・内臓などがどんどん老化していくことになるのです。

タバコによってしわが増える「スモーカーフェイス」という言葉は有名です。


男性の自慰行為



こちらは諸説ありますが、管理人は「男性の自慰行為」も過剰になると老化を進める、と考えています。

自慰行為によってアンチエイジングに重要な栄養素「亜鉛」が排出されます。
また過剰な自慰行為はテストステロンの低下にもつながる、と考えられます。

自慰行為と老化については、「無関係派」と「関係ある派」の対立が永遠に続くと思いますが、 管理人は関係ある派の立場でオナ禁を実行・推奨しています。

詳しくはコチラの記事を参照。


過剰にならないことが大切

以上、アンチエイジング的に禁欲すべきものをいくつか挙げてきました。

どれも共通するのは化学的であったり、依存性があったりと、「人間にとって不自然なモノ・行為」であるということです。
自慰行為も、本来は性行為によって射精するのが自然であり、やはり不自然な行為といえます。

そしてこうした人間にとって不自然な状態が、老化を進めることになるのです。

しかし困ったことに、これら不自然なモノや行為ほど楽しいものです。

ポイントは、過剰にならないことだと思います。
好きなものを完全に禁じてしまってはそれ自体がストレスになってしまいます。
再三述べていますが、ストレスはアンチエイジングの最大の敵です。

これらのものがアンチエイジングに害を与えることを認識し、 日常生活において食べ過ぎ、飲みすぎ、やりすぎにならないよう意識することが大切だと思います。
(タバコに関してはやめられるなら完全にやめた方が良いと思っています。)


<関連記事>
アンチエイジングの8要素
   
老化防止のカギは「テストステロン」にあり!
   
アンチエイジングと若作りの違いと、アンチエイジングの目的
   





<あなたにオススメの記事>

老化防止のカギは「テストステロン」にあり!
   
テストステロン育毛法 理論編
   
健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法<前編>
   
20代のうちからアンチエイジングについて考えるべき理由
   
オタクにハゲが多い(気がする)理由
   



「アンチエイジングコラム」TOPへ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Wrinps」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー