20代から考えるアンチエイジング(老化防止)
アンチエイジングコラム
アンチエイジング
2017-08-31
アンチエイジングの8要素③
睡眠


こんにちは、管理人Wです。

以下の記事で、アンチエイジングに必要なアクションとして「アンチエイジングの8要素」を定義しました。

アンチエイジングの8要素


今回は8要素のその③「睡眠」について説明していきたいと思います。


睡眠をもっと重視せよ

現代人は忙しい。それは紛れもない事実です。

朝早くから出勤し、仕事や付き合いで夜遅く帰宅。
それでも自分の時間を確保したい。

そのために「睡眠時間」を削る人は多いと思います。

しかし、管理人はこれに強く反対していきます。

睡眠は、皆さんが思っている以上に重要です。
特に若者は睡眠を軽視しすぎています。

確かに若いうちは細胞も若く、ホルモン分泌も活発で、少しくらい寝なくても平気なのは間違いありません。

しかしそのツケは、必ず30代以降にやってきます。
まずは、睡眠の役割を再確認し、その重要性を理解してください。


1.体の各組織の休息

睡眠により副交感神経が優位になることで体はリラックス状態となります。

そして脳や内臓、筋肉、細胞(ミトコンドリア)などは活動の手を緩め、休息することができるのです。

また、副交感神経優位により血管も拡張し、体全体に血液(栄養素など)が行き渡るようになります。

睡眠時間を削るということは、こうした体の各組織が休む時間を削るということです。
休むことなく働かされ続ける組織は、長い目で見て消耗が早いのは言うまでもないでしょう。


2.成長ホルモンの分泌

睡眠開始から3時間のあいだに、成長ホルモンが活発に分泌されます。



この成長ホルモンは傷ついた細胞を修復したり、古い細胞を新しい細胞に置き換える、いわゆる新陳代謝を促進します。
体の中だけでなく、外見を左右する肌や髪の毛にも大きく影響します。

睡眠による成長ホルモンは平常時の約200倍と言われています。

睡眠を疎かにすることは、傷ついた、古い細胞とともに生きることを意味しているのです。


睡眠時間の確保を最優先に

このように、人間の体は睡眠によってしか回復しません。
靴も、毎日履いているとすぐダメになりますが、1日おきに履くことでずっと長持ちさせることができます。

人間の体も、基本的にはこれと同じことです。

若いうちは問題なくても、休息を疎かにしているといずれ急激に老化が始まります。

それは、老化してからでないと気が付けないことであり、それではもう手遅れかもしれません。
なので、20代のうちからしっかり睡眠時間を確保する習慣をつけてください。

まず睡眠時間を確保した上で、その他のスケジュールを考える、くらいの優先度で全く問題ないと思います。
管理人は毎日11時には寝て、6時半に起きる、7時間半睡眠を基本にしています。

逆にしっかり睡眠時間を確保することを意識することで、日中の生活も整ってくるでしょう。


<関連記事>
アンチエイジングの8要素
   
老化防止のカギは「テストステロン」にあり!
   
アンチエイジングと若作りの違いと、アンチエイジングの目的
   





<あなたにオススメの記事>

老化防止のカギは「テストステロン」にあり!
   
テストステロン育毛法 理論編
   
健康的かつ絶対にやせるダイエットの方法<前編>
   
20代のうちからアンチエイジングについて考えるべき理由
   
オタクにハゲが多い(気がする)理由
   



「アンチエイジングコラム」TOPへ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Wrinps」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー